1. ホーム
  2. カルシウムサプリ全レビュー 配合量と吸収率で徹底比較
  3. ≫ユニマットリケン おやつサプリZOO 乳酸菌+カルシウム+Dの口コミ~吸収率、成分、購入方法を調査~

ユニマットリケン おやつサプリZOO 乳酸菌+カルシウム+Dの口コミ~吸収率、成分、購入方法を調査~


ユニマットリケンおやつサプリZOO乳酸菌+カルシウム+Dは、おやつ感覚で嚙んで食べられるカルシウムサプリメントです。味も食べやすいミックスフルーツヨーグルト風味になっています。カルシウムのほかにも、乳酸菌が20億個摂取できる、このユニマットリケン乳酸菌+カルシウム+Dは、信頼できるカルシウムサプリの条件を満たすか、見ていきましょう。

ユニマットリケン  おやつサプリZOO 乳酸菌+カルシウム+D

原材料 カルシウムの原料 1日分のカルシウム配合量 容量と価格
ぶどう糖、マルトデキストリン、殺菌済発酵乳粉末(デキストリン、脱脂粉乳)、乳酸菌末(殺菌乳酸菌、デキストリン)、貝カルシウム、結晶セルロース、香料、クエン酸、二酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、ビタミンD 貝カルシウム 230㎎ 75日分 882円(税抜)※Amazon

カルシウムサプリ3つの条件を満たすか

カルシウムサプリには、吸収率の高いカルシウムを摂るためにチェックしたい3つのポイントがあります。この商品がそれを満たしているかチェックしました。

カルシウムの原材料が貝ルシウムなので×

ユニマットリケンおやつサプリZOO乳酸菌+カルシウム+Dのカルシウムの原材料は、貝カルシウムなので、おすすめできません。貝カルシウムは価格を安くできるという利点がありますが、カルシウムの吸収率が低いという欠点があります。おすすめのカルシウムの原材料は卵殻カルシウムです。卵殻カルシウムは、40~50%と、牛乳とほぼ同じの高い吸収率を誇る素材ですので、他の原料のサプリより、吸収率に期待できます。

吸収率アップ成分CPPが配合されていないので×

カルシウムサプリ選びでは、カルシウムの吸収率を高めてくれるサポート成分の存在が大切です。現在、もっともおすすめのサポート成分はCPP(カゼインホスホペプチド)というタンパク質の一種。ユニマットリケンおやつサプリZOO乳酸菌+カルシウム+Dには、CPPの配合がないので、おすすめできません。吸収を補助する栄養素としてビタミンDの配合がありますが、カルシウム自体の吸収率が低いため、CPPの配合が欲しいところです。

カルシウム量が十分な量配合されていないので×

カルシウム配合と書かれているサプリでも、配合量には商品ごとにかなりばらつきがあります。1日あたりのカルシウム不足量は40代女性で約230mg、30代女性約240mgですので、300mg以上配合されているサプリなら安心感があります。ユニマットリケンおやつサプリZOO乳酸菌+カルシウム+Dのカルシウムのカルシウム配合量は230㎎とやや少なめです。しっかりとカルシウムを補いたい方には、不安な量でしょう。

3つの条件のまとめ

ユニマットリケンおやつサプリZOO乳酸菌+カルシウム+Dのカルシウムは、カルシウムサプリに満たしてほしい3つのポイントを1つも満たすことができませんでした。毎日ひと手間をかけて飲むサプリですから、せっかく飲むなら信頼できるものを選ぶべきです。ユニマットリケンおやつサプリZOO乳酸菌+カルシウム+Dのカルシウムは、カルシウムの吸収率や配合量ともにあまりおすすめできません。

購入場所

ついつい飲み忘れてしまうサプリは、定期購入制度があるものが便利です。特にカルシウム不足は長年にわたって食生活の一部として補っていきたいものなので、続けやすさにはこだわりましょう。

公式サイト ドラッグストア 楽天 Amazon
× ×

ユニマットおやつサプリZOO乳酸菌+カルシウム+Dのカルシウムは、Amazon、楽天で購入できます。カルシウムサプリは毎日長く続けることが大切です。買い忘れを防止するためにも、定期購入があると安心です。ユニマットおやつサプリZOO乳酸菌+カルシウム+Dは、Amazonに定期購入があります。Amazonは本体価格が安く定期購入で10%引きになるため、Amazonでの定期購入がおすすめです。

まとめ

ユニマットおやつサプリZOO乳酸菌+カルシウム+Dのカルシウム
ユニマットおやつサプリZOO乳酸菌+カルシウム+Dのカルシウムは、信頼できるカルシウムサプリの条件を1つも満たすことができませんでした。カルシウムの吸収率が低く、カルシウムの配合量も少なめです。さらに残念なのは、香料や人工甘味料といった添加物が多く配合されていることです。食べやすく工夫されていることは良いのですが、せっかく健康のために飲むサプリメントです。しっかりと成分が補え、さらに健康に害がないものを選ぶべきと考えると、このサプリはあまりおすすめできませんでした

関連記事